2014年07月14日

葛城古道 七月の棚田


 久しぶりに九品寺に来た。奈良へ移住した09年の後半、頻繁に葛城の地を訪れたがその後の五年間は(名古屋に戻ったこともあり)数度訪れたきりだった。

 葛城古道の中でも、九品寺と一言主神社の間の標高180mの山裾を南北に走る区間は道すがら奈良盆地南端を眼下に一望できる絶好のポイント。何度見ても飽きることのない情緒あふれる景色がある。
途中、綏靖(すいぜい)天皇高宮岳跡と言われる史跡がある。こんなところに?と思わせる山の斜面の狭小な場所である。

 s-P7018974葛城の道九品寺あたり.jpg 

 地図を見直してみるとこの一帯は、葛城川の支流である鎌田川と水越川にはさまれた扇状地で、高岳宮跡はその扇の要に当たる眺望に優れた小高い場所にある。
扇状地に展開する稲田を一望できるうえに、水浸の恐れのないまた背後を脅かされることのない安全な地形でもある。今は杉林のはずれのこれといった見どころのないしかも視界を木々に阻まれた最も見通しの悪い場所だが、葛城王国を統治するに最適な場所だったのかも知れない、と思える。

 s-P7018923朝の蓮田.jpg

 九品寺周辺の棚田は秋の彼岸花を見に訪れる人の多いよく知られた土地だが、境外の休耕田に咲く蓮の花も見事ですと(ご住職から)聞いたことがある。行ってみたが七月の初旬、花の時季にはまだまだ早すぎた。だけど、柔らかな緑色をした幼い蓮の丸葉と鉛筆で描きなぐったようなフトイ(太藺)の針葉の直線、鏡のように光る水面に落ちる蓮葉の黒い影の対比が見たことの無いデザインを作り出していた。
 枕草子に「はちす葉、よろづの草よりもすぐれてめでたし」という一文があるが、確かに蓮の葉の特異なフォルムと色彩には他の草葉とは異なる際立った優雅さを感じる。最も、盛夏の重なり繁茂するさまにはなにか暑苦しくて「めでたし」とは思ったことはないが、早朝のキラリと輝く水玉を載せた薄緑色のビロードに似た蓮の葉には魅了されるものがある。清少納言譲もいいとこ見ています。

 s-P7018943早苗.jpg

『余り苗いつまで待つも出番なし』 奈良県出身の俳人津田清子氏(1920.6.25-)の一句

 俳句集を読んでいるとよく自分の撮った写真と一致する情景を思い描かせる句に出会うことがある。その句を読むことにより、自分の感性(視点)が何に根差していたかを教えられる。最初の一枚は無心に撮るが、それ以降つい同じモチーフを意識的に追いかけてしまうことがよくあるが、最初の感動はもうそこにない。この写真は九品寺近くの水田で撮った、二作目だが、説明的写真になってしまった。
 ところで「余り苗」が夏の季語ということを今日初めて知った。 「季語」というものはその言葉を用いた優れた作品、いい句が作られると季語として定着するということを俳人金子兜太氏が言っていたけど、「余り苗」を季語にまでした句はこの津田氏の句に違いない、のでは?。余り苗、「捨て苗」ともいう。

 s-P6261531残り苗.jpg
posted by ハマー at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 葛城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月29日

奈良葛城「風の森」について

金剛山の東の麓に風の神を祀る神社がある。神社といっても鎮守の森の中に一対の石灯籠と祠があるだけの簡素なものである。祀り神はシナツヒコ(志那都比古)。
シナツヒコは日本神話で風の神とされており、この風の神を祀る杜(もり)がいつの頃か風の杜と呼ばれるようになり、それが「風の森」と転化したものと考えられる。

s-PB223189風の森神社祠.jpg
 風の森神社の祠と風化激しい石灯籠

風の森神社の石灯籠を見て驚かされた。この凝灰岩(?)でできた石灯籠の風化のすさまじさはどうだろう。金剛山から吹き付ける風雨に晒されて石の表はもうボロボロである。確証はないが平安時代以前に造られたのではないかと思いたくなる。
石灯籠というより石灯籠を模した石造物としか見えない。確かに石灯籠の形はしてはいるが肝心の火袋の部分のどこにも火口が無いのだ。これでは灯篭の役目を果たせない。しかも灯篭の各パーツをセメントでつなぎ合わせかろうじて原型を留めているという感じである。哀れというか侘しいといか・・・ほんとうに灯篭なのか迷う。

御所市教育委員会が設置した案内板には「風の森神社」を社号としているようだが、その名称、起源など由緒についての説明はない。近くの高鴨神社と一対と云う説もあるが祀り神が全く異なるし、末社でもない。正名は志那都比古神社。

s-PB142848風の森観音寺.jpg
風の森神社は観音寺の裏手の茂みに隠れている 

伊勢神宮に風の神を祀った「風神社(ふうじんのやしろ)」の記録(804年)が残る。このことから平安時代にはすでに風の神に対する信仰があったことが知れる。また神話ではあるが崇神天皇の時代(紀元前97−29年)に龍田山にアメノミハシラノミコト(天御柱命)を祀ったといういいつたえ(延喜式)がある。シナツヒコの別名であり、つまり風の森の祀り神シナツヒコの分身を龍田山に遷座した、移し祀ったということであろう。

s-PB152967風の森から金剛山.jpg
 風の森から見る金剛の山並

古来、日本人は、水の起源であり〈生命の源〉と考えた山岳に対して人知を超えた畏敬の念を抱き、神聖な場所として崇めてきた歴史がある。
弥生時代に稲作とともに葛城の地に渡来した風の神(ヨンドン「(霊登))信仰が、この地で育まれた山岳信仰と結び付き、金剛山の麓に拡がる御所市鴨神の森を神籬(ひもろぎ)としたということであろう。勝手であるが「風の森」が風の神シナツヒコ降臨の地として考えても差し支えあるまい。

s-PB223202風の森遠望.jpg
 高鴨神社付近から風の森を見る

風の森神社のすぐ東を国道24号線が通るが、この森の辺りの地点を風の森峠という。「風の森」は奈良の地名では無いものの、峠の名称として今に残った。
この道古くは高野街道とも言われ京都、奈良方面から高野山へ向かう参詣道として用いられた歴史がある。高野山に向かう旅人はこの風の森神社に立ち寄り旅の安全を祈ったことであろう。現在の24号線は昭和の時代につけられた新たな道だが、風の森神社のすぐ西を通る小道が当時の高野街道であっただろうと考えられている。風の森峠を5~6q南に下れば吉野川に行き着く。

s-PB223153高野街道・鳥井戸.jpg s-PB223173鳥井戸・高野街道.jpg
 高野街道 風の森峠近くの鳥井戸の家並

「風の森」という名称に魅かれこの地に何度も足を運んだ。風の森の正体が何であるか今ではおおよそのところを理解できたが、逆に、風の神を祀る由緒あるこの神社が何故ここまで歴史的に埋没し忘れ去られてしまったのかということに興味をそそられている。

s-PB142863鴨神黄昏.jpg
 すっかり黄昏てしまった風の森あたりの景色
posted by ハマー at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 葛城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

葛城古道 棚田の橋本院

葛城古道を高天彦神社から高天の集落を抜けて400mほど行ったところに高天寺橋本院がある。
院公式HPの縁起を見ると、養老二年(718年)高天山(金剛山)への登拝に訪れた僧行基が開いた
一精舎(建物)が始まりとされる。由緒正しい古寺ではあるが、南北朝時代に戦乱により消滅した。
橋本院は江戸時代延宝5年(1677年)に高天寺の子院として復興された寺だが、現在の堂宇は
全て最近建てられたもののように見える。

 金剛山麓橋本院.jpg

 
しかし、旧い由緒より、橋本院のある場所の方が自分にはもっとこの寺を魅力あるものにして
いるように、感じる。
寺の西側すぐそこに迫るように聳え立つ標高1125mの霊峰金剛山。東側の深く険しい谷。
北に向う葛城古道が谷に駆け落ちる寸前の棚田の端に寺はある。今でこそ葛城古道という名称が
与えられ、休日ともなればハイカーも行き来するが、恐らく半世紀前までは、墓場を訪れる村人
か、僅かな修験者が迷い込むような秘境、或いは隠れ寺であったにちがいない。そんな秘められ
た雰囲気の場所なのだ。行基でなくとも、だれだって霊地と感じるような、特異な場所なのだ。

 棚田前橋本院本堂.jpg


今日は紫陽花を撮りに来たのだが、まだまだだった。この高天の自然は、平地より一か月遅
れで季節が移る。田植もこれからのところが多い。

 夏紅葉.jpg 
posted by ハマー at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 葛城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

當麻寺中之坊のしだれ桜

例年ならばすでに見ごろを過ぎているはずの當麻寺「中之坊」のしだれ桜、このところの気温の
低さのお陰で、「いまだ散ることなく美しいな姿を保っている」と、TVニュースが伝えていた。
懐かしさと桜見たさで、行ってみた。
 

 中之坊の枝垂と東塔.jpg   


「奈良の寺」に取りつかれた始まりは當麻寺だった。東塔、西塔二基の三重塔に魅せられていた
のだと思う。休日になると毎週のように當麻寺に通った。だけど結局、納得の行く写真を撮るこ
とはできなかった。
まとまりの無い堂塔伽藍の配置に加え、自然との調和に欠ける、何か乾いた情緒のない境内。
個々の建物は立派なのだが、統一された「全体美」がないのだ(感じられなかった)。
自分の感性でもって当麻寺を撮ることが、結局、出来なかった。その時は。


 麻呂子山を背に聳える東塔.jpg 中之坊しだれ桜と東塔.jpg


今日の当麻寺、満開の「山桜」が境内を明るく飾る。午後遅くの入山だったので、写真には不向
きな光具合だったが、桜はほんとうに見事だった。
相変わらず境内は雑然として絵になりにくいが。しかし、この時季、雨の日や、夜明け前後の時間
ならばいい感じに撮れるかも知れない、と思った。


 満開の夕桜.jpg


当麻寺中之坊は最低最悪の接待だった。山門に控える受付嬢、読みかけの文庫本から目を離せず、
いかにも面倒くさそうな機嫌の悪い対応。
誰に何を聞かれても、上の空。入山料500円を受け取ると、もう知らん振り。
なんと愚かで情けないことよ。これが当麻寺の現実なのだ。


 麻呂子山の日没.jpg


 麻呂子山に沈む夕日。情けなく憂鬱な自分の心を映してしまったようだ。


 
posted by ハマー at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 葛城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

葛城古道 橋本院初秋

今春(5月3日)この地を訪れた頃、高天原一帯の田圃はまだ水を張る前の乾いた土色が
広がる味気ない景色だった。 秋の稲穂が実る時季にまた来て見たいと思っていた。

あれから四ヶ月間過ぎた今日、稲は見事に育ち、まるで黄金色の海のような広がりを
見せていた。

s-P9080818.jpg


谷あいにある橋本院の伽藍は稲穂に埋もれ、僅かに屋根を見せているだけだ。
まるで水没してしまったように見える。



s-P9080781.jpg



山門あたりに萩が見事に繁茂していた。朝陽を透して薄紫の花が美しい。
人の背丈ほどに伸びた長い枝は、無数についた花びらと葉の重みで途中から湾曲し、
垂れ下がっている。


s-P9080771.jpg



山門から、そびえ立つ金剛の山並みがすぐ目の前に見える。
青空と緑の山の背景が萩の花を引き立たせてくれている。 高天原ならではの「萩と山」。


s-P9080795.jpg s-P9080791.jpg

橋本院の裏手には「瞑想の庭」が広がっているが、もう秋明菊が満開だった。平地よりも
二週間程度早い。 鐘楼の前にも萩の花がひろがっている。ほんの少し前まで青空
だったのに、にわかに雲が流れてきて金剛山はガスに覆われてしまった。
ちょっと肌寒いほどだ。


s-P9080835.jpg


田圃のそばに咲く紫陽花はドライフラワー状態で今も花をつけたままだ。盛りの時期
の美しさとは異なるが、これはこれでまた味なものだ。
本当の花は散ってしまっているのだれど、花びらに見えるガクは散ることなく枯れた
まま残るのだね。


s-P9080715.jpg


今日、高間原へ来たもう一つの理由は、「日の出」と「月の入り」の写真を撮ること。
日の出まえまでは薄いもやがかかっていて心配していたのだけど、どちらの写真も
支障なく撮ることができた。


s-P9080747.jpg


最近気がついたのだけれど、月の入りも、月の出も、太陽と違って左から右に斜めに沈み、
斜めに横切るように上がるのだね。月が地球のごく近いところにある事、また地球の
自転スピードが自分で思っているより速いことにより、斜めに横切って行くのだと思う。



posted by ハマー at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 葛城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

奈良葛城石光寺の百日紅

石光寺は、周りを畑や稲田に囲まれ、石垣の上に白壁の塀を巡らせた佇まいは、一見
するとこの村の豪農の屋敷のようにも見える。
そうと知らなければ、訪ねるべき寺とは思わず通り過ごしてしまいそうだ。
 

石光寺、「せつこうじ」と読む。
寺名の由来は「この地で彫りだされた光明を放つ大石に弥勒仏を彫った」ことにある。
今もこの石仏がご本尊として祀られている。拝観の時季は限られている。それでも
この日は山門を入ったところの庭の一部を見させていただいた。
弥勒堂は、牡丹の花咲く1月と5月前後に開扉されるようだ。


山門.jpg  s-弥勒堂補正.jpg


まだ盛りには早かったのだろう。
山門脇の百日紅は花数が少なく、全体を黒い緑の葉に覆われ、くすんで見える。


石垣白壁.jpg



山門から境内を覗くと、色鮮やかな紅色のかたまりが見えた。
早速、寺の外の道を南門の方に回る。
あった。白壁の向こうに、左右に大きく枝を広げた百日紅があった。
この百日紅は、美しい。
花色といい枝ぶりといいなかなかに見事な姿をしている。


石光寺弥勒堂.jpg

 
石光寺は山門のある東側から眺めるよりも、南門側から見たほうが様になっている。
稲田の黄緑と寺を囲う白壁、伽藍の銀色の瓦屋根、直立した緑の樹木。
まるで絵に描いたような平板さだが、逆に心休まるのどかな景色。
いやいや、こののどかさが中将姫伝説を持つ石光寺にはふさわしいのかも知れない。


石光寺南門.jpg
posted by ハマー at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 葛城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

改めて奈良九品寺に

高天彦神社に行く途中、九品寺に寄る。
朝の光の中の千体仏がどんな景色なのか見たかった。

木漏れ日を受けた今日の石仏たちは、意外にも清清しく感じる。
初めてじゃないから、見慣れたのだろうか。

千体仏を側面から見る

千体仏.jpg 


紫陽花の石仏たち

石仏の頭上にひっそりと紫陽花が咲いている。
6月も下旬になるが、今年は梅雨入りしてからここまで雨は一日しかない。
雨が大好きなこの花木にはちょっとつらいはずだ。
葉は小さく薄く、花は小ぶりだ。
天気予報は次の月曜日が雨のマーク。 花も、見る側の人も雨が待ち遠しい。

紫陽花の下に千体仏.jpg 


菩薩石像

境内奥の樹間に菩薩様が楚々と立っていらっしゃいます。
今日は朝陽を受けて輝いてる。
つい「お元気でしたか」と声をかけてしまう。

このお顔、知人のお嬢様によく似ているのだ。


菩薩石像.jpg


仏法僧 「阿」と「吽」

千体仏の手前に一対の鳥、仏法僧が訪れる者をじっと見つめている。
明らかに違う顔立ちだ。眼が異なる。
鋭い眼と、柔和な眼。
この一対はいわゆる「阿吽(あうん)」と思うが、どちらも口(くちばし)は閉じられている
ようなので、どちらが「阿」か「吽」か判然としない。
それにしても、石から彫りだされたはずのこの鳥型、まるで生きているようだ。
本当の鳥のように感じてしまうのは、この場のせいなのだろう。


仏法僧「阿」.jpg  仏法僧「吽」.jpg



お地蔵様

九品寺の山門を出たところに、石地蔵が十数体覆い屋の中に安置されている。
見ると、蝋燭と線香があげられていた。
蝋燭の小さな炎に気持ちが動く。
いつもなら通り過ぎてしまうのだが、今朝は何故か足が止まってしまった。
「失礼します。お写真を撮らせてください」
お願いしてから、三脚を立てた。


地蔵供養.jpg


ちょっと立ち寄るだけのつもりだったのに、けっこう時間を過ごしてしまった。
急いで、予定の場所、金剛山麓高天原に向かう。

葛城古道を巡る四季、この寺は外せない。







posted by ハマー at 13:59| Comment(0) | 葛城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

葛城あたり 九品寺千体仏

葛城を理解するためには、まず九品寺に行くこと

白洲正子の「かくれ里」葛城のあたりの章に、九品寺の「千体地蔵」のことがでてくる。
わずか十数行にすぎないが「・・・南北朝のものもいくらか交じっているようで、野べの
石地蔵より時代も古く、作も丁寧のように思われる・・・」という件に気を惹かれた。
作りが丁寧とは、どういうことだろう。南北朝といえば、鎌倉時代の後で、1336年〜1392年の頃だ。

さらに、「九品寺に泊まらなくては、葛城はわからないとまでいわれ、そのお言葉に偽りは無かった。」

そうか、葛城を知るには九品寺に行くことなのだ。


霊場 九品寺の千体仏

九品寺(くほんじ)本堂裏山の墓所に至る中腹つづら折の階段を上ったところに、それはあった。
まるでシネマスコープのような横広がりの斜面に、赤いよだれかけを着けた無数の地蔵が居並ぶ。
鬱蒼と茂る樹齢何百年の高木に覆われた肌寒く薄暗い空間、ここは間違いなく霊場だ。

九品寺裏山の千体仏.jpg


よだれかけを着けているのだからお地蔵さまということなのだろうが、よく見ると如来や菩薩と
思われるものもある。
また、一つの石に二体を彫ったものも多く見られる。

さらに石段を上がった樹間に黒いよだれかけを着けた石地蔵がある。
こちらは自然に溶け込んだ野仏の風情だ。
九品寺の境内では石仏や石地蔵といたるところで出くわすのだ。

千体地蔵(2).jpg

千体仏を見守る仏法僧

仏法僧.jpg




千体仏由緒と墓所

謂れによれば、江戸時代の中ごろ九品寺の北にあるキトリ山の竹やぶを開拓したときに多くの
地蔵石仏が出土し、それを安置したという。
また南北朝の戦いに行くものの身代わりに、親族や地元の人たちが奉納したものもあるという。
それにしても1700体以上もの石仏とは! この地の長いながい歴史の重みを感じる。

墓所にて

千体仏からさらに石段を上がると、九品寺檀家の墓所がある。
その一角に、第二次世界大戦、海外の戦場で無くなった人々の墓がある。
多くが昭和17年から20年が没年だ。二十代から三十前半の年齢の男たちだ。一等兵とか伍長とか
中には軍属と記されたものもある。
この土地からわずかな期間に本当に多くの青年が徴用され出征し戦地で命を落としたことの証を
目の当たりにして、悲痛な気持ちにさせられる。

1300年近い歴史を持つ九品寺は、これまでに多くの戦乱、戦争に遭遇し、そこで命を落とした
数え切れない人々の霊をも祀っているのだ。

合掌
寺を巡ること、それは死と遭遇することに他ならない。その先に自分の死があるのだ。
そんなことに思い巡らせる葛城古道、九品寺千体地蔵の巡礼だった。
posted by ハマー at 20:17| Comment(0) | 葛城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

高天原神話の里 葛城古道

5月3日 葛城古道 御所市高天

金剛山のふもとの高台に広がる高天(たかま)は神々の生まれ出る
神話の地。
御所市を走る奈良県道30号線を南下し高天原への案内板を右折す
れば、金剛山のふもとに広がる高天原の高台だ。
坂道の途中振り返り見れば、吉野の山の端から太陽の出た直後。
雲を茜色に染め、まるで水彩画のような朝焼け。
写真を一枚撮り終えた直後太陽は雲間に消え、しばらく待っても
もう顔を出すことは無かった。 一瞬の光景だった。

 s-P1110666高天原日出吉野遠望.jpg

社殿後方の白雲峯(694m)を御神体とする。参道の両側には杉の
古木が立ち並び、神さびた雰囲気を漂わせている。
早朝5時30分到着。寒い。温度は10度前後。夏着ではとても耐え
られない冷え込みだ。標高600m。平地とは一ヶ月以上の季節差
がありそうだ。

高天彦神社の参道に立ち並ぶ杉の木は直径1mもありそうな古木だ。
樹高も50m近くあると思う。 強烈な生命力が伝わって来た。

 s-P1110387高天彦神社参道杉木立.jpg
posted by ハマー at 00:00| Comment(0) | 葛城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

一言主神社参道石段 

一言主神社は奈良盆地の西側、葛城山のふもとにある。
葛城古道の道程に静かなたたずまいを見せている。
「乳銀杏」と言われる樹齢推定1200年になる大木で知られる。
人里はなれた、一見人影の少ない静かな神社のように思え
たが、参拝者の絶えることはなく、なかなか人気のお社だ。
どうやら「子授け」の乳銀杏(ちちいちょう)のお陰のようだ。


乳銀杏.jpg


この社の参道の最後にある急な石段がビジュアル的にとても
印象的だが、下から上がってくる人の足音の「ポクポク、
ポクポク」と反響する音はなにか神代の世界を感じさせる
のだ。


一言主神社参道石段.jpg
posted by ハマー at 00:00| Comment(0) | 葛城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

船宿寺 金剛山に陽は沈んだ

4月12日
国道24号船路の交差点を東に折れれば船宿寺はすぐそこだ。
御所市船路(ごせしふなじ)奈良盆地の南端西側に位置する神話の地、
金剛山が目の前にそびえる。

船宿寺(せんじゅくじ)は花の寺。境内は四季の花木の森の中にある。
しだれ桜の薄桃色の花びらが金剛山の残照ににじむ。

しだれ桜の向こうにそびえる金剛山のシルエット

しだれ桜金剛山に陽はかくれ.jpg
posted by ハマー at 00:00| Comment(0) | 葛城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。