2014年07月14日

葛城古道 七月の棚田


 久しぶりに九品寺に来た。奈良へ移住した09年の後半、頻繁に葛城の地を訪れたがその後の五年間は(名古屋に戻ったこともあり)数度訪れたきりだった。

 葛城古道の中でも、九品寺と一言主神社の間の標高180mの山裾を南北に走る区間は道すがら奈良盆地南端を眼下に一望できる絶好のポイント。何度見ても飽きることのない情緒あふれる景色がある。
途中、綏靖(すいぜい)天皇高宮岳跡と言われる史跡がある。こんなところに?と思わせる山の斜面の狭小な場所である。

 s-P7018974葛城の道九品寺あたり.jpg 

 地図を見直してみるとこの一帯は、葛城川の支流である鎌田川と水越川にはさまれた扇状地で、高岳宮跡はその扇の要に当たる眺望に優れた小高い場所にある。
扇状地に展開する稲田を一望できるうえに、水浸の恐れのないまた背後を脅かされることのない安全な地形でもある。今は杉林のはずれのこれといった見どころのないしかも視界を木々に阻まれた最も見通しの悪い場所だが、葛城王国を統治するに最適な場所だったのかも知れない、と思える。

 s-P7018923朝の蓮田.jpg

 九品寺周辺の棚田は秋の彼岸花を見に訪れる人の多いよく知られた土地だが、境外の休耕田に咲く蓮の花も見事ですと(ご住職から)聞いたことがある。行ってみたが七月の初旬、花の時季にはまだまだ早すぎた。だけど、柔らかな緑色をした幼い蓮の丸葉と鉛筆で描きなぐったようなフトイ(太藺)の針葉の直線、鏡のように光る水面に落ちる蓮葉の黒い影の対比が見たことの無いデザインを作り出していた。
 枕草子に「はちす葉、よろづの草よりもすぐれてめでたし」という一文があるが、確かに蓮の葉の特異なフォルムと色彩には他の草葉とは異なる際立った優雅さを感じる。最も、盛夏の重なり繁茂するさまにはなにか暑苦しくて「めでたし」とは思ったことはないが、早朝のキラリと輝く水玉を載せた薄緑色のビロードに似た蓮の葉には魅了されるものがある。清少納言譲もいいとこ見ています。

 s-P7018943早苗.jpg

『余り苗いつまで待つも出番なし』 奈良県出身の俳人津田清子氏(1920.6.25-)の一句

 俳句集を読んでいるとよく自分の撮った写真と一致する情景を思い描かせる句に出会うことがある。その句を読むことにより、自分の感性(視点)が何に根差していたかを教えられる。最初の一枚は無心に撮るが、それ以降つい同じモチーフを意識的に追いかけてしまうことがよくあるが、最初の感動はもうそこにない。この写真は九品寺近くの水田で撮った、二作目だが、説明的写真になってしまった。
 ところで「余り苗」が夏の季語ということを今日初めて知った。 「季語」というものはその言葉を用いた優れた作品、いい句が作られると季語として定着するということを俳人金子兜太氏が言っていたけど、「余り苗」を季語にまでした句はこの津田氏の句に違いない、のでは?。余り苗、「捨て苗」ともいう。

 s-P6261531残り苗.jpg
posted by ハマー at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 葛城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。