2013年12月23日

奈良の冬 写真俳句(2)

森村誠一「写真俳句の愉しみ」から
『写真は読んで字のごとく、被写体の情報を忠実に写し取ってくれる。芸術写真には感性が求められるが、俳句写真には情報が欲しい。特に俳句には、一瞥しただけでは隠れている情報が写真には写し取られる。写真の情報から俳句を創造することによって、感性の出番となる。一見平凡な写真を俳句と結び付けることによって、非凡な表現世界を創造することが可能となる。(森村誠一「写真俳句の愉しみ」五頁)』

一瞥しただけでは隠れている情報とはなんだろうか。単に撮影時に見落としただけというものではあるまい。見えているものが持つ、被写体の多面性ということなのか。「感性の出番」とは、自己の美意識、価値観などの多様性ということなのだろうか。

本郷の又兵衛桜で良く知られた奈良県宇陀市(旧大宇陀町)と桜井市の市境に位置する音羽三山の上空は、関空と羽田・成田、中部の国際空港を結ぶ航路に当たりひっきりなしに大型ジェット機が飛来する。写真は日没直後、すれ違った時を撮った一枚。

 s-P1198546.jpg
 冬の空 航路まじわる ことはなく

長い時間見ていたが、意外なことに上空で機体が交差する瞬間はこの二機以外には無かった。衝突するんじゃないかと心配したが両機は何事もなく飛び去って行った。ジェット機の速度は時速800kmから一千kmを超えると聞くから、通過時の両機間の速度は瞬間時速二千km近くになる。地上から見ていてもあっと言う間のことだった。
 
 防空の 刃まじえる 今日の空

写真を前にして思い浮かんだ言葉は「防空識別圏」だった。今だにニュースなどで報じられるが、尖閣諸島を巡る領土問題に端を発していることであり、2010年9月に海上保安庁巡視船と中国漁船海上衝突以後の緊張がついに空域までに拡大した訳で更なる不安を煽る。かの国は機会を見つけ旗を立てに上陸するだろうか?。かつて大韓航空機がミグ戦闘機のミサイル攻撃で撃墜されたたことを思い起こす。絶対に刃(やいば)をまじえる事態に発展しないことをただただ祈る。

 飛ぶ夢を 今も見ている 冬の空

いつの頃からか覚えていないが晴れた日にはつい空を見渡してしまう。空港が常滑の中部国際空港に移る以前は、家の上空が小牧空港に離発着する飛行機の航路になっていたので見上げればほぼ確実に機体を見ることができた。小学校に上がる頃から兄達の影響で零戦や隼などの戦闘機に興味を持ち続け還暦を過ぎた今も変わらない。パイロットになりたいと思った。今でも、もし「一日署長」みたいにどんな仕事にでも就かせてもらえるという機会があれば、戦闘機の操縦士を経験したいと思っている。

次の写真は大神神社近くの四世紀末頃に築造された茅原大墓古墳の上から丸池を撮った一枚。池は墳墓の周濠の一部と考えられる。日射しのせいかあまり寒さは感じなかったが、風が吹いていたようだ。撮影時には気がつかなかったが画面の右隅に二羽の水鳥が写りこんでいた。平板になりがちなところを風の起こす波紋がキラキラと光り救ってくれている。

 s-P1169395 (3).jpg

 冬木立水面に青の讃えおり

  
山の辺の道筋に、近現代の著名人が揮毫した38基の万葉歌碑が建てられている。歌人、俳人、画家、茶人、作家ほか奈良縁の人たちである。そのうちの一基、柿本人麻呂の歌を棟方志功の版画に収めた画賛を彫った石碑が桧原神社に向かう桜井市穴師の車谷にある。1200年以上の時を隔て万葉歌人と版画家のまさに夢のコラボレーションである。

 s-P1169295.jpg 

しかしこの石碑、道路から一段と低く、道行く人も見過ごしてしまう場所にある。これは県道改修の際、路面が50cmほど嵩上げされてそのようになってしまったようだ。多くの歴史的文化財が道路工事の末に損なわれたり消失して行く不幸な例の一つに近い。思わず絶叫!

 歌碑を見よ 山の辺の道に 歌碑を見よ
 万葉と 昭和偉ならび 山辺道
 山辺道 万葉昭和 枯れ薄

 写真を見て創る俳句に挑戦してみた。思いついた言葉を五七五に並べることはさして難しくないし興味深い。しかし創った俳句を読み返してみても、俳人の創った句を読んだ時のような感動はない。そもそもボキャブラリーが全く足りない。こればかりは学習を続ける他に方法はないのかも。

 写真俳句に挑戦とりあえず終了

音羽三山 音羽山(851m)、経ケ塚山(889m)、熊ケ岳(904m)奈良盆地南東側の山並


posted by ハマー at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 奈良のこといろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。