2013年07月16日

連歌の里 奈良県宇陀市染田天神社

奈良の中心街から遠く離れた宇陀市に「中世文学の里」といわれる染田集落がある。そのいわれは、そこに、室町時代初期貞治年間(1362〜1368)に建てられた連歌堂と、関連する多数の文書等が残されていることによる。この連歌堂で1564年(戦国時代)までの200年間に渡って連歌の会が催されていたという。
千句連歌、縁起、興行記録、連歌会運営規定等、連歌製作に関係する遺品は連歌を研究する実証資料として大変貴重なもので他の日本になく、奈良県の文化財に指定されている。

s-P7054553染田天神、十輪寺.jpg 
 春日神社の境内に十輪寺と連歌堂が並ぶ

宇陀市染田は奈良市との市境に接し、四囲を山に囲まれ、三本の小河川が集合する東西・南北800m程度の農村である。
調べてみると、古くから米作りの行われた土地で興福寺大乗院門跡の荘園であった。連歌堂は春日神社の境内にあるが、奈良県で春日神社が置かれた農村はまず興福寺の荘園であったと見なしても間違いない。

s-P7054531染田春日神社.jpg
 春日神社 拝殿

ところでこの染田という、山々に閉ざされたいかにも鄙(ひな)びた場所に連歌堂を建て、二世紀以上もの長きに渡り連歌の会が継承されていたのはいかなる理由によるものであろう。今でこそ奈良県道781号都祁・名張線が整備され染田集落脇のバイパスを快適にドライブできるが、室町時代時代にあっては簡単に行き来できるところではなく、人々が集合するには不向きな土地のように思えたのだが。

 s-P7054585染田連歌堂遠望.jpg
 奈良県道781号線からの染田集落遠望

連歌堂は集落内の細道を登り切った山の際、やや小高い処にある。ふり返って見れば、都祁野岳、真平山、貝ケ平山、額井岳、鳥見山の山並みが一望できる。連歌を巻くにうってつけの環境ではないか。連歌堂を目指して上ってくる人馬の姿も容易に視認できたことだろう。
人の侵入を拒んでいるかのように見える連歌堂背後の山だが、地図をつぶさに(拡大して)見ると、小倉、都祁へ抜ける幾筋もの山道のあることがわかる。人が自らの足や牛馬を使って行き来していた時代、意外にも人体の血管のように要所々々を繋ぐ道が今以上に走っていたのだ。案外、染田集落は名張、伊勢方面に抜ける要衝だったのかもしれない。

 s-染田天神連歌堂地図.jpg
 奈良県宇陀市室生染田地図

この連歌堂は室町時代中期1362年土地の豪族(武士)である多田順実(よりざね)が、天神社を創建し、学問の神菅原道真公の御影を創祀し、千句連歌会を主催した会所である。鎌倉、室町時代、武士たちにとって連歌は必須の教養であった。千句連歌会には地域に割拠するほとんどの有力豪族が参加し、諸将の交流と結束がはかられる一方、動乱の時代下における政治的駆け引きの場ともなったと考えられている。戦国時代というと何か殺伐としたイメージがあるが、連歌という文化が地域の安定と平和をもたらす精神的絆として作用していたという事なのだろうか。

 s-P7054565微笑仏.jpg
 安定と平和 天神講連歌を象徴するような微笑仏

永禄七年(1564)連歌会は終焉する。時まさに戦国時代末期の最も苛烈な時期。仏都奈良の地ではあるが、永禄二年(1559)松永久秀が奈良北部に侵入、永禄三年(1560)には大和の実質的支配者であった興福寺を破る。永禄十年(1567)に東大寺大仏殿の戦いで大仏殿が消失するなど、奈良(大和)は戦乱の只中にあり、200年の長きにわたって続けられた染田天神の連歌会もついに幕を下ろさざるを得なかったということであろう。

 s-P7054540十輪寺墓石.jpg
 十輪寺の石仏群

染田天神の連歌会を始めた多田家であるが、その後も代々、如一斎、実春、順実らが中心メンバーとして関与し弘治年間(1555〜1558年)の多田実映の名前を最後に途絶える。
天正18年(1590)筒井勢の一員として北条征伐に参加するが、関東遠征・伊豆山中城攻めにて一族全員戦死、多田家は断絶した。多田順実が連歌堂を創建して228年後のことであった 。

 s-P7054572村の鍛冶屋福井さん.jpg s-P7054577鍬.jpg
 村の鍛冶屋さん福井政明氏        福井氏手作り平鍬

連歌堂を見ていると「早くからご苦労様」と声をかけてくれたのは、ちょうど十輪寺の垂木の修理をしていたという福井政明さん。
外から連歌堂の中が見えるように灯りを点けてくれた。普段は何も置かれていない空間(会所)だが正面に菅原道真公の御影を収めた厨子が見える。昨年連歌堂の解体修理の折に彩色補修されて真新しい。天神講や連歌会のこと、十輪寺に関して詳しくお話しをしていただけた。

福井氏は神社の向かいで鉄工所を経営するとともに、なんとなんと鍛冶屋をしていると言うので、お願いして仕事場を見せていただいた。農工具を中心に作られているそうだが、地鎮祭でつかうという木鍬(平鍬)を見せていただいた。今では福井さん以外誰も造れなくなったものだ。
福井さんありがとうございました・


参考にしたURL
武家家伝 大和多田氏
http://www2.harimaya.com/sengoku/html/yam_tada.html
多田順実 気分はコクジン別館
http://blog.goo.ne.jp/gfi408/e/1a4efb208a5047add159aa1c9e018fab
染田天神連歌について 奈良教育大学紀要
http://near.nara-edu.ac.jp/bitstream/10105/2250/1/NUE33_1_217-230.pdf
奈良の寺社「染田天神」「十輪寺」
http://narajisya.blog.eonet.jp/mahoroba/2011/05/post-c3ad.html


天神講連歌会
集団制作による詩形である連歌は講と結びついて発展した。とくに鎌倉時代後期から天神信仰と結びついた。連歌を目的とする天神講を特に天神講連歌会と呼ぶ。講を結び、図像をかかげて天神供養を行い、もって連歌を手向けとするものである。こうした連歌会は大和国を中心に発達し、室町時代を通じて畿内から各地へ伝播していった。天神講連歌会記録としては大和国の室生村の染田天神連歌文書などが伝来する。
posted by ハマー at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 長谷・室生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。