2011年12月16日

春日山の冬紅葉 稲畑汀子の句に寄せて

季語に「冬紅葉」がある。紅葉といえばふつう秋の風物だけど、初めて「冬」という字を頭に添えた
俳人の感性に敬服する。

稲畑汀子の句 『冬紅葉こぼれし夕日集めけり』

 s-PC129781いろは楓.jpg 

「こぼれし」は木漏れ日のことだろうか。或いは雲の切れ間から覗いた夕日ことだろうか。冬の夕暮
れ、時折雲間から差し込む陽の光を受けてさらに色鮮やかに燃えるもみじ葉の輝きを思い描くことが
できる。

『冬紅葉絵巻山路の九十九折』
『ようやくに色ととのへり冬紅葉』

 s-PC129766春日山遊歩道五色もみじ.jpg 

春日山遊歩道の登山口から500mほど上がった初めてのヘアピンカーブのあたりに「五色もみじ」の見
られる場所がある。11月の初めに通ったときに知った場所だ。
12月12日、もう遅いかもしれないと案じつつ、春日山の坂道を登った。行く道に厚く積もった土色の
山もみじの落葉を見るにつけ、ちょっと心が揺らぐ。
それでもヘアピンカーブに近づくにつれ行く先々に色づいたヤマモミジが見える。五色もみじは一本
の木ながら葉が五色に変化しながら染まって行くらしい。見ればたしかに複雑な色合いをしている。
紅葉した幾本かの木それぞれもまた異なった色を見せている。まだ緑色の葉を見せている木も目立
つ。きっぱりと朱にそまった紅葉に比べなんだが情けないようなちょっと残念な気もするが、これが
「五色もみじ」の紅葉なのだろう。

 s-PC129742春日山遊歩道紅葉.jpg 

『散り尽くすまでの変幻冬紅葉』
『同じ赤なかりしことも冬紅葉』

葉の落ち切るまですこしずつ色変わりしてゆくという冬紅葉だが、その変わりようを「変幻」とすると
はなんと美しく気ままな表現だろう。
冬紅葉の美しさは、すでに終わったと思っていたものを再び見つけたときの喜びであり、つかの間と
はいえ、色を失ってしまった冬の野山の味気なさを救ってくれる時季遅れり紅葉への感動であろう。
同じ赤い色を見せる草木が見えない野山に独りあるからこそ冬の紅葉は美しいと。

 s-PC129723冬紅葉地蔵院.jpg 

『極めるといふは狭路の冬紅葉』

「狭路」とは細い道或いは小道のこと。多分、家の前やごく身近な生活道路のこと。外出の行き来に
毎日のように通る小道の際に植栽された紅葉を詠ったものだろう。初秋から晩秋、そして仲冬の時季、を通したもみじ葉の色変わりを見つめた一句。極めるというのはそういうことにちがいない。

稲畑貞子は「冬紅葉」の句を実に多く詠んでいる。数えたことはないが30句以上あると思う。
稲畑汀子は子規や祖父である虚子の流れを汲む写生派の俳人であるので、その句は写実的であり、あ
りがたいことに詠まれたその光景を容易に思い描くことができる。しかしまれに、どうにも絵の浮か
ば句がある。

『これよりはあるがままなる冬紅葉』

他の俳人の句にしても、なんか気になるのだがどうにも腑に落ちない解らない句というもりがある。
解らないから余計に気になって忘れられない句のひとつになる。しかし、ある日突然にその句そのま
まの景色に遭遇し、一瞬にしてその意味の解ることがある。「冬紅葉」の時季はもう幾日もないが、
「これよりはあるがままなる冬紅葉」の句、どんな景色の中にみえるのだろう。
posted by ハマー at 20:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 奈良公園周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
始めまして。素敵な写真と文章を見せて戴き感激しております。思わず感動しました。実は私は今、『奈良春日野の歴史と文学を歩く』という本を制作しております。つきましては、「白壁と紅葉」の写真を表紙に使わせて戴きたいと思っております。如何でしょうか。お返事いただけましたら有り難く存じます。(丸山顕徳)
Posted by 丸山顕徳 at 2013年02月26日 00:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/240859484
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。