2011年09月28日

山の辺の道 三輪山麓に咲く曼珠沙華


s-P9268099列車通過.jpg
 卑弥呼の墓の周濠跡を通るJR桜井線

卑弥呼の墓の可能性が高いといわれる箸墓古墳がある桜井市箸中あたりは、山の辺の道の中でも纏ま
った稲田が残る。三輪山の裾曲の穏やかな斜面に広がる稲田は今一面黄檗(きはだ)色に染まり、もう
しばらすれば刈り入れの時を迎えるはずだ。夏の間に茂った畦の雑草は刈り払われ、曼珠沙華の赤い
花がこの時を待ちわびたかのように一気に咲く。

 s-P9268069稲田初秋.jpg
 石仏たち/桜井市芝

俳人稲畑汀子に『大和路のときをあやまたず曼珠沙華』という句がある。大和路は奈良の古称だがこ
の土地の穏やかな風土をよくイメージさせ響きがいい。「ときをあやまたず」とは毎年秋分の日あた
りに必ず開花する曼珠沙華の生命の神秘に驚き、そのことを称える詩と思うが、季節の移ろいを目に
見える形で知り得る感動をストレートに表わしていると思う。
確かに、野道や田畑に咲く曼珠沙華を見たときは、何かほっとするというかしみじみと感じ入るもの
がある。
稲畑汀子は祖父高浜虚子や正岡子規の伝統的な句風を受け継ぐ(多分)現役の俳人で、写真を撮る上で
とてもサジェスチョンに富んだ句を見せてくれる大好きな作家の一人である。

 s-P9268140里初秋時雨.jpg 
 『畦道を標のごとく曼珠沙華』稲畑汀子

稲はかなり背丈のある植物で稈長(茎)は1m前後になる。成長がピークに達する夏の終わりには畦が何
処にあるのか見えなくなってしまう。だが巧いことに刈入れの時期が近づくと稲と同じくらいの高さ
までに伸びた赤い曼珠沙華の花がまるで道標のように畦道の在り処を教えてくれる。曼珠沙華はそん
な役割を持った花でもあるのだ。

 s-P9258014稔りを祝う赤.jpg
 

曼珠沙華は開花期にはそのものの葉を見ることがなく他の草の間に湧いて出るように赤い花を咲か
す。隙間を見つけてスッと現れる、そのせいか意外に景色に馴染むというか前からあったかのようで
違和感がない。赤色は反対色でもある自然の緑色にもよく調和する。

 s-P9258034曼珠沙華さく道.jpg
 『曼珠沙華咲きていつもと違う路地』小林奈々

しかしこの赤色は、ほんの短期間、日頃見慣れた景色を一変させる。もちろん桜や梅、菜の花だって
それまでの景色を変える。しかし、曼珠沙華はある日突然のごとく足下からの景色を変える。そして
忽然と消え以前の景色に還る。この唐突な景色の変化を俳人はうまく表現する。

『まへがきもあとがきもなし曼珠沙華』黛まどか 

 s-P9257968曼珠沙華.jpg 

劇的な景色の変化を実にうまくあっけらかんと句にするものだ。写真ではとても真似のできないこと
かもしれない。でも、そんな写真を撮ってみたいと思う。
曼珠沙華の花は今週一杯が咲きどき、そして撮り時。

参考URL
※季語別俳句歳時記 曼珠沙華
http://www.haisi.com/saijiki/manjushage1.htm
posted by ハマー at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 山の辺の道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/227856053
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。