2011年04月19日

山の辺の道 卑弥呼の桃は

桃の花は、桜の花がもっとも見頃を迎える同じ頃に花開く。そのせいか桃は陰が薄い。花見といえば
桜のこと、梅は観梅とよく知られているのに、観桃という言葉はあまり聞かない。これは多分、
「桃」という花樹が梅や桜の花のように詩歌や絵画という分野に広く定着できなかったからだろう。
また果樹として広く栽培されるようになったのも明治時代後期のことであり、それ以上に栽培適地が
内陸の丘陵地ということもあり、人の目に触れる機会が少ないということに原因している、と思う。
もっとも「桃の節句」という行事は古来より絶えることなく今に続くが、主役は飾り雛や女の子たち
であり花ではない。

 s-P4183503桃花満開.jpg 

私が子供の頃住んでいた家の庭に一本の桃の樹があった。他の庭木に比べて細い幹だったが、今にし
て思えばきっと姉の誕生を記念して父が植えたものにちがいない。小さな実のなっていたことを覚え
ているのに、どんな花が咲いていたのかという記憶はまったくない。庭に咲いていた他の花のことは
よく覚えているのに、不思議なことである。

 s-P4183476桃花と柿新芽.jpg 

「山の辺の道」沿いの桜井市車谷や穴師の丘陵には柿やミカンに隣り合わせて桃畑をよく見る。丘陵
の端には卑弥呼の墓と考えられている「箸墓古墳」があり、この一帯が邪馬台国だったのではないか
といわれている。
昨年(’10.9.18)この遺跡の発掘調査で大量の土器や木製品などの道具類とともに2000個以上の桃の
核(種)が発見されたと報道された。「卑弥呼が不老長寿の仙果として儀式に使ったのではないか」と
いう関係者のコメントもあった。

 s-P4183471枝ぶり見事な桃樹.jpg 

以前から山の辺の道のこの地域で桃が栽培されているのを見るにつけ、三輪山の麓に広がる丘陵地は
古代の桃源郷だったのではないかと密かに考えている。桃の種発見のニュースによりにわかに現実味
を帯びてきたような気がしている。(古代史や考古学者の誰もそんなことは言っていないが・・・)

桃は弥生時代にはすでに中国から日本につたわっていたと考えられている。中国で産まれた桃は「毛
毛(もも)」といわれ、毛がいっぱい生えた硬い果肉で、形は先がとがったものだった。主に薬用に
使われたと見られている。(現代でも漢方薬として用いられている)

 s-P4183544花瀬.jpg 

万葉集に桃を詠った歌が七首あり、そのうちの三首が「毛桃」と表記されている。
例えば『わが屋前(やど)の毛桃の下に月夜(つくよ)さし下心良しうたてこの頃』家の庭先の毛桃に月の光がさして、とても心地が良いこの頃です、という意味。
纏向遺跡で発見された桃の種が万葉で詠われた「毛桃」の種かどうか分からないが、この発見を記念
して、この地でも年々増え続けている放棄された耕作地(柿畑)に「古代の桃」を擬して「毛桃(けも
も)」を植え、卑弥呼の桃源郷として是非売り出してもらいたいと願っている。

posted by ハマー at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 山の辺の道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/196642205
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。