2014年04月24日

惜春・山の辺の道


奈良・山の辺の道をモチーフに写真を撮り始めて今年で六年目になる。小さな畑や田んぼ、果樹園、雑木林、野原、通り過ぎる集落、寄り添うように続く山並、そして広い空。古墳群と神社、仏閣を結ぶ一本の道。
この単調な景色の中を飽きることなく繰り返し繰りかえし歩き続ける理由は、夏の朝初めて訪れた日に感じた「ここがやまとの中のやまとなのだ」というときめきに似た想いが、今も一本の道のように続いているからなのだ。古代人の往来した幻の道。

 s-P4176566一本の樹.jpg
 桜井市と天理市の境 穴師町の一本の樹

四月中旬の奈良は大気が安定して春らしさが最もよく感じられる。「草木清明 風光明媚」道沿いに咲く山桜の白い花はいつか散り始め、惜春という言葉がいかにも心地よく響く時季。
毎年ちょうど春のこの頃、崇神天皇陵の後円部に、四角四面に花を咲かす一本の桜樹がある。濠端にひとり生えしたものだが、毎年上へうえへと立ちあがって行く姿は、過密都市のビル街に建築中のビルディングみたいでなにか可笑しい。陵墓の桜が持つべき幽玄なイメージを撮りたいと思うのだが、どうもこの桜樹を目の前にするとしっくり行かない。それにしてもこの桜樹、一体どこまで伸び上がって行くのだろう。

 s-P4176534崇神陵桜樹.jpg
 崇神陵の桜樹 天理市柳本町

足下に「踊子草」の群生を見つけた。どこにでも見かける野草のはずだが、山の辺の道では珍しい。この道は東海自然歩道のルートでもありハイキングコースとして良く管理されている。都会人に愛好される山野草もここらでは雑草扱い。だから定期的に刈り取られ、目に触れる機会は滅多にない。踊子草を見つけたこの場所は崇神天皇陵と櫛山古墳が山の辺の道を隔てて接する斜面下にあり、人目にも付きにくく運よく?生きながらえているようだ。いやいや運がよかったのはこちら側だ。

 
 s-P4176536踊り子草.jpg
 踊り子草 天理市柳本町

道端や線路沿いでもよく見かける「ハナダイコン」も意外に目にすることがない。これもやはり畑の雑草に変わりない。放棄された柿畑で、毎年咲いている。正式名称は「ムラサキハナナ」。草花で○○ナとつく草は菜花として食用されると聞いている。だから刈り取らずに残しているのかもしれない。

 s-P4176545ダイコンの花.jpg
 ハナダイコン 桜井市穴師

渋谷の町を抜けて山の方へ上って行く農道脇に「泥小屋」と呼ばれる農機具を入れる簡素な小屋を見つけた。明らかに今も使われている。壁土のような篩(ふるい)を通した土ではなく、小石混じりの泥の塊を日干しレンガのように固めそれを積み上げて造った壁で屋根を支えた小屋。この辺りは壁土に使う良質の土が採れると聞いたことがある。この小屋を見ると古代の建物もこんな造りだったのではないかと想像させる。何度も通った道なのに今まで気が付かなかった。他にもこの地に残っているだろうか。

 s-P4186637泥小屋渋谷町.jpg
 泥小屋 天理市柳本町

街中で土壁むき出しの家を目にすることは滅多にないが、奈良県下の町や村々では割とよく見かけたような気がする。中山町に面白い土壁の家がある。二軒とも農具小屋だが、家まわりに置いたU字溝をプランターにしてそこに咲き揃うピンクのチューリップの花が土壁と何か不釣り合いのような、逆にマッチしているようにも見え、なにか面白くて撮った。
もう一軒は、板戸の周りの土壁面に日章旗のような、自転車の車輪の上半分みたいな模様をいくつも刻みこんだ家。サイズの小さな画像では識別できないと思うが、このデザインは何かのおまじないなのだろうか。或は単なるいたずら描きなのか。いつか確かめてみたい。

 s-P4176590チューリップ並んだ.jpg s-P4176601中山町土壁の納谷.jpg
 チューリップ咲く          土壁の不思議な模様   天理市中山町

山の辺の道の魅力は訪れる季節ごとに、また通り過ぎるその日その時間ごとにいつもと違う姿を見せてくれることだ。長岳寺から山の辺の道を北に向かって中山大塚古墳の石畳を上って行くと、道端に安置された数十体の小さな石仏群が道行く人を出迎えるように並んでいる。だけどすぐ横にある小さな観音堂を訪れるハイカーは少ない。このお堂の周りにも数体の石仏を見られる。供えられた水仙の花が石仏たちをずいぶん惹きたてている。思わずシャッターを切った。4月17日 午後六時二十分、この日最後の一枚。

 s-P4176611中山廃寺石仏.jpg s-P4176604菜の花畑日没.jpg
 中山観音堂の石仏     菜の花畑の夕暮   天理市中山町

  
posted by ハマー at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 山の辺の道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月10日

法隆寺夢殿の枝垂れ桜

夢殿の在る法隆寺東院伽藍の桜をやっと見ることができた。これまで夢殿には桜花の時以外初夏や早春に訪れている。伽藍の北東隅のすでに古木の風格を備えたその枝垂れた姿をみるにつけいつも花の咲く様子を思い描いてみる。
一本桜ならば奈良の地には他にもっと見事な姿を見せてくれる名所がいくらでもある。だけど自分が夢殿の桜にこだわるのは、気持ちの中に法隆寺のもつ精神的な力、或は宗教的な力に強く感応する部分があるからだろう。この桜樹は奈良斑鳩の千数百年の歴史を養分として育った特別な一本なのだ。人がその出自や血統を云々するようにこの桜樹には語るべき高貴な歴史がある。

 s-P4015851法隆寺西大門.jpg

法隆寺を訪れた人ならばだれもが感じると思うが、この寺には他の寺にはない特有な気が流れている。静謐と言ったらよいだろうか。奈良の他の寺が持つような俗っぽさというか人臭さがない。参道を夢殿に向かって西大門から東大門に進んで行く間に知らずしらず心が洗われるというか穏やかな安らぎに似た心持に満たされる。 

 s-P4015889夢殿枝垂桜2.jpg 

夢殿の枝垂れ桜は想像していたものと違った。もっと違う能舞台さながらの幽玄美を思い描いていたのだが。朝日を受け活きいきと輝く生気に溢れていた。自分はその溢れるばかりの勢いに圧倒されどう撮ったら良いのか決められずに右往左往するばかりだった。
まっ、今回はこれでいい。初めて出会ったのだから。次回はもっと落ち着いてゆったりとした気持ちで見ることができると思うから。(平成26年4月1日撮影)

posted by ハマー at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 斑鳩・生駒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月06日

奈良 石上神宮の桜

石上神宮のある天理市杣之内(そまのうち)あたりは山の辺の道のなかでも最も豊かな自然が残る。神宮の背後の山は神域として立ち入ることが禁止されていて、太古から続く自然の姿が今に保たれている。千数百年もの年月、人と神の接点の地として守り続けられた森が放つ霊気は確かに人の侵入を強く拒んでいる、ように感じさせる。
 
 s-P3305806.jpg

この日は午前中まで前夜からの雨が残る天気で、晴れの日なら花見会場の神宮記念公園は人でごった返し喧騒に溢れているだろうに、ぼんぼりに灯の入る時分になっても人の姿はなくただ静けさだけが漂う夕暮れ。人気のない花見の場はただただ寂しい。

 s-P3305784.jpg

神宮のすぐ前を走る奈良県道51号線の西側の地域には幼稚園から大学まで天理教会が経営する文教地区が南は旧国道25号まで拡がる。布留川を挟んだ北側の地域は教会本部や病院、付属する組織の建物群が分散し、さらにそれの周りを統一されたデザインの住宅や宿舎ビルが取り囲む。学園都市というより完全なる宗教都市の様相だ。

 s-P3305795.jpg

二連煙突が印象的な天理大学の建物を撮っていると、先刻公園で声をかけてきた青年が「この景色大好きなんです」とまた話しかけてきた。「遠くに見える山並が故郷の熊本の景色とそっくりなんです」と。熊本へは行ったことがないので彼が見ている景色がどんな感じのものなのかその時は想像できなかった。改めて地図をみると、熊本市は西、北、東の三方をなだらかな山々に囲まれ、確かに奈良盆地から見る山並に似ているように思える。奈良の山並を見るにつけ五百q以上も離れた故郷を思う気持ちとはどんなものなのだろう。きっと彼の眼には熊本の山並に沈む夕日が見えているのだろう。なんだか無性に熊本へ行ってみたくなった。
(平成26年3月31日撮影)

 P3315815天理の朝.jpg
 天理市街を臨む
 


posted by ハマー at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 山の辺の道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。